作業性向上のため、みかん畑改造

作業性を向上させるため、畑の長手方向に畝を造り替えました。(両隣の畑と同じ方向に)
1.みかんの枝、幹を焼却
2.ユンボ作業 畝の方向を変える
3.石灰で植え付け位置決め 間隔3.5M程度
4.有機肥料(昭源)
5.移植 総数65本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。